インプラントなら品川 医療法人社団 則真会

診療案内・ 大崎シティデンタルクリニック

大崎シティデンタルクリニック
■所在地

〒141-0032
東京都品川区大崎1-11-1
ゲートシティ大崎ウエストタワー3F

■診療時間

月〜金 9:30〜14:00
15:30〜20:00
土、祝日 9:30〜14:00
15:30〜18:00
休診日:日曜のみ

■連絡先

TEL 03-3494-1182

※都合により診療時間などが変更になる場合もございますので、詳細につきましてはお問い合わせいただきますようお願いいたします。

大崎シティデンタルクリニックへのご予約・お問い合わせは 0120-82-1182 大崎シティデンタルクリニックのアクセスMAP

大崎シティデンタルクリニック診療日記
天王洲セントラルタワー歯科クリニック
■所在地

〒140-0002
東京都品川区東品川2-2-24
天王洲セントラルタワー3F

■診療時間

月〜木 9:30〜14:00
15:30〜20:00
金・土・日・祝休診

■連絡先

TEL 03-3458-1182

※都合により診療時間などが変更になる場合もございますので、詳細につきましてはお問い合わせいただきますようお願いいたします。

天王洲セントラルタワー歯科クリニックへのご予約・お問い合わせは 0120-82-1182 天王洲セントラルタワー歯科クリニックのアクセスMAP

天王洲セントラルタワー歯科クリニック診療日記
フェイスブックページへ

ドクターズ・ファイル

インプラント

インプラントとは

インプラントとは?

インプラントは、人工歯根とも呼ばれ、歯の抜けた部分のあごの骨にインプラント(右図参照)を入れて、その上に人工の歯を固定する治療方法です。ですから、丈夫で安定した歯を作る事ができ、ご自分の歯と同じような感覚を取り戻すことができます。

入れ歯やブリッ ジよりも、はるかに自分の歯と殆ど変わらない自然な歯の感じを取り戻すことができるため、現在では入れ歯やブリッジに代わって「インプラント治療」が多くの患者さんに選ばれるようになってきました。インプラント治療にしかない特徴は「残っている大切な自分の歯を長持ちさせることができる」ことにあります。今までは虫歯や歯周病などで大切な自分の歯を失った場合の一般的な治療法としては取り外しの入れ歯かブリッジでした。

確かに、入れ歯やブリッジにはインプラント治療に比べて、「症例により治療期間が短く出来ること」「健康保険が適用出来ること」などのメリットがあります。

「入れ歯・ブリッジ」のデメリット

インプラント治療と比べ、メリットもあればデメリットと言える点もあります。

入れ歯

  • 取り外しの煩わしさ
  • しっかりと粘膜と吸着しない場合痛みが出る。また、安心して噛めない事がある
  • 味を感じる粘膜が入れ歯で覆われると味覚が落ちる
  • 顎の骨は歯が無い状態が続く事により骨がゆっくりと吸収して行く為、粘膜と入れ歯の間を補う材料を埋める治療を定期的に行う必要がある
  • 金属製のバネなどが見え、審美的に気になる事がある

ブリッジ

  • ブリッジの犠牲になる健康な歯を削られてしまう
  • 健康な歯を削られてしまう事により、しみる、痛みが出る、虫歯になりやすくなる
  • ブリッジの土台になる歯(削られた歯)が無い歯の部分の力を負担する事になるため、歯の寿命を縮めてしまう

もちろん、インプラント治療にもデメリットはあります。例えば、「治療期間がやや長い(症例により即時負担も可能ではある)」 「健康保険が適用されなく全くの自費診療」。この2点が主な欠点といえます。

しかしインプラントは、人前で気にせず自分の歯と同じように硬いものをしっかり噛めるようになりますし、健康な自分の歯を削って痛める必要もありません。入れ歯やブリッジでは実現しなかった利点こそ、昨今のインプラント治療のニーズを高めている理由といえるでしょう。

インプラントとは?

さらに、失った歯が負担する力をインプラントが天然歯のように受けるため、残った自分の歯が通常通り、単独で負担する事が出来ます。よって自分の歯を長持ちさせることに導きます。これらは現在の歯科医学ではインプラント治療で得られる最大のメリットです。

当院ではこれらの手術に関して高い実績と専門性を誇っております。また、患者様の希望、症例、全身状態より特殊な対応も可能としチームアプローチ(麻酔科医による全身管理、外科医による口腔外からの骨移植など専門医との連携)による可及的な安全環境を保っております。

このページの先頭へ

従来の治療法との違い

歯を1本〜2本失った場合

従来法

インプラント

従来法 インプラント

抜けた歯の両隣の健康な歯を削って連結しブリッジにします。

失った部分にのみインプラントを埋め込みますので、健康な歯を傷つけません。

多くの歯を失った場合

従来法

インプラント

従来法 インプラント

健康な歯にバネをかけ部分入れ歯を固定します。バネをかけた歯に負担がかかり、傷みやすくなります。

失った部分にのみインプラントを埋め込みますので、健康な歯を傷つけません。

全ての歯を失った場合

従来法

インプラント
従来法 インプラント

総入れ歯を歯肉との吸着力で支えています。違和感がかなりあります。

インプラントが顎の骨に固定されますので、ガタつきがなく安定します。

このページの先頭へ

インプラントQ&A

インプラント治療は誰でも受けられるの? 向き不向きはあるの?

インプラント治療受診者の条件

  • 性別に関わらず重度の全身疾患や感染症などが無く、骨の成長が止まっていると想定される16歳以上であり、体が健康体である事、インプラント体を埋入する骨がある事、が条件です。但し、全身状態は高血圧や糖尿病などの病気があっても、内科的にきちんとコントロールされていれば問題ありません。必ず正直にお話し下さい。又、骨が足りなくても増やす施術があります。 口腔内は歯周病や虫歯などがあれば事前に治療しておく必要がありますし、ブラッシングコントロールが出来ている事が必須です。又、上顎に希望される場合、蓄膿症(副鼻腔炎)が持病の方はお受け出来ない事があります。
  • 口呼吸など鼻閉の可能性が高い場合手術中に酸素を確保出来なくなる為、条件が悪くなります。軽度な場合は術前の投薬で対応出来ますが、重度の場合は術前に精査(シュミレーションなど)が必要となりお受け出来ない事があります。
  • 喫煙者の方は、出来る限りの禁煙を指導させて頂きます。強制では御座いませんが喫煙が1つのリスクと同意して頂ける事が必要です。
  • 咬み合わせの強い方(具体的に下顎の頬骨が張っている、歯の咬み合わせの部分が削れているなど)、悪習癖(歯ぎしり、食いしばり、など)、が顕著に見られる方は術後のトラブルの可能性が高くなります。悪習癖は自覚されている方が少なく、担当医の判断より発覚する事がほとんどです、術後のトラブルのリスクを理解して頂ける事が必要です。
  • 咬耗(歯の咬み合わせの部分、前歯の先端が削れている)が確認出来る・出来ないに関わらず、就寝時には必ず日常も出来る限りのマウスガード着用を理解頂ける事が必要です。
  • インプラント治療は万能な治療法ではありません。過度の期待を持たれている方にはお薦め致しません。
  • 術後に当たり、各クリニック規定内のお約束を守れる方(定期的な検診・クリーニングの受診、マウスガードの着用など)。

※上記の条件を全て満たして頂いたとしても100%の成功率はありえません。
ただし、可及的に100%に近づける事は可能です。

手術前の流れを教えてください。

事前の説明(カウンセリング)

患者さんのお口の中を拝見した後に、簡単な診断を行いインプラント治療の概要等の事前の説明を行います。この段階で、患者さんが治療を行うか意思決定をしてもらいます。この際に治療期間や費用の概要等も説明していきます。

事前検査

顎全体のレントゲン撮影、口腔用CTスキャンによる撮影(症例により委託)、歯肉の検査、虫歯の検査、咬み合わせの検査、歯型、必要に応じて血液検査などを行います。

歯科用CT撮影機 Dental CT

治療計画の決定

事前検査の内容を元に、使用するインプラントの種類や治療方針等を歯科医師が計画を立てます。 CTスキャンの検査結果より必要な場合は専用ソフトを用い、インプラントの埋入位置等をシュミレーションし具体的な治療計画を立てていきます。

患者さんへの説明

医師が決定した治療計画を含め、より詳しい治療期間や費用の概要等を説明していきます。
最近のインプラントは「ただ、失った歯を修復する」だけではなく、見た目の美しさ(審美性)や機能的な部分までを包括的に考慮 して治療を行いますので、この際に患者さん自身の希望やライフスタイルもしっかりとヒアリングいたします。

治療計画説明 Dental CT

手術日決定からの注意事項は?

まずは、手術当日までの体調管理が大切です!!

それ以外には・・・

  • 術前の注意事項をお渡ししますので必ずお守り下さい。
  • 酸素(笑気ガス)チューブをお鼻に確保する為、当日経鼻(鼻の通り)が必ず必要になります、熱や風邪などを引くとインプラント手術の延期をしなければなりません。
  • 当日までに投薬が出された方は必ず指示通りにお飲み下さい。
手術は1回で終わるの? 痛みはあるの?

1度で終わる方法(1回法)と2度かかる方法(2回法)があります。

インプラントとは?

ここではもっとも歴史のある2回法の説明を行います。
一次手術(1回目の手術)では,欠損した部位に治療計画で決定したインプラントを埋入します。リラックス効果のある笑気ガスと局部麻酔を併用し手術を行うので、痛みを感じることは殆どありません。症例、患者様のご希望により静脈内鎮静法を行う事もあります。この場合、全く苦痛が無いまま手術は終了致します。手術時に、インプラント体を埋める骨の量が足りない場合、又審美的な配慮から骨造成術(GBRや上顎洞底拳上術)など骨を増やす処置を行う場合もあります(通常は術前の治療計画で決定しておりますが、術前検査で把握出来ない事柄が発覚した場合、当日急遽行われる事もあります)。 インプラントの埋入が終了したら、歯肉を縫合して骨とインプラントが結合するのを待ちます。その後二次手術(2回目)でインプラント体を歯肉から出します。 1回法の場合は、この際にインプラントのあたまの部分を出し歯肉の傷が直ってから新たに型取りをし、歯になる部分(上部構造)を取り付けます。

手術してからどうして何週間も置くの?

インプラント体(材料としては最もチタンが多く使われる)が、骨と結合するのには約6〜24週間かかります。

この期間に注意すべき点など、担当の医師より説明を受けるのでしっかりと守りましょう。※結合の期間は、患者さんのお口の状態により異なります。

2回法の2回目ってどんな手術?

骨とインプラント体がしっかりと結合したことを確認したら、人工の歯になる部分(上部構造)の基礎となる支台部を取りつける為の二次手術を局所麻酔下に行います。

最近のインプラントでは、上部構造と周りの天然歯や歯肉のバランス等の審美性や咬み合わせなどの機能性を考慮して治療を進めていきます。従って、この際に再度骨を増やしたり、歯肉を増やしたりする手術を提案する場合もあります。

人工の歯はいつ入るの?

2回目の手術後、歯肉の形態が落ち着いた頃約2〜4週間後に一般的な歯型の形取りに近い方法で形取りを行います。

技術者(歯科技工士)が高度な技術を要求される為、完成には型取りから間の工程も入れ2〜4週間と思って下さい(CAD・CAMで作成する症例もあります)。人工の歯になる部分(上部構造)、基礎となる部分も含め素材はセラミック(アルミナ、ジルコニア、スピンネル)やチタン、貴金属、様々な材料から、患者さんの希望に合ったものを選んで行きます。

歯が入った後に気を付ける事は?

何はともあれお掃除です!!!

1つ目のキーワードは人工の歯を取り付けた後は、自分の歯と同じように毎日の歯磨きが大切です。
インプラント自体はチタン製のものが殆どなので、人体に入れても錆びることも無く素材も丈夫なので壊れることはありませんが、既に骨と結合したインプラントは身体の一部になっています。周りの天然歯と同様に正しいケアや定期健診を継続することで、インプラントを長持ちさせることが出来ます。

2つ目のキーワードは術前にお約束頂いた事項を守って頂く事です!
@マウスガードの装着
A定期検診・クリーニングを受けて頂く事
などに代表されます。

お約束を守って頂き正しいセルフケアを行って頂ければ、40年経っても問題なく機能している実績があります。

(c) 則真会